楽器で趣味の幅を広げる

電子ピアノ

それほど場所を取らず、音量調節もできる電子ピアノは、幼児期よりはじめて中学~高校以降に至るまで、長く楽しめ付き合える楽器の代表です。

曲を弾けるようになるにはある程度の練習が必要ですが、反復練習が苦にならない幼少期にこそ基本練習を行わせ、上達する楽しみを教えてあげられることができます。

ある程度弾けるようになってくると、自分から弾きたい曲の楽譜を探すようになったり、クラシックを聴いたりといずれ一つの趣味として確立されてくることが期待できます。

参考価格:5~20万円程度

ギター

小学生以降の男の子には、ギターなどもお勧めです。

最初はアンプやエフェクターなどを通さないと音が出ないエレキギターよりも、より弦を押さえる力は必要としますが豊かな音色を奏でることができるアコースティックギターの方が良いでしょう。

まずはコード進行の練習をするのが王道ですが、ある程度コードを押さえられるようになれば、ポップス系の曲はもちろん、好きなアニメやテレビ番組の歌など弾き語りや身近な音楽と合わせることができるようになります。

このように歌や他の音楽と合うようになってくるとそれ自体が新しい感動となり、もっと上手になりたいという気持ちも生まれ、ピアノ同様に一つの趣味としての可能性が大きくなります。

参考価格:2~10万円程度

バイオリン

女の子にはバイオリンも良いでしょう。

ただギターとは逆に、ここではエレキバイオリンをお勧めしたいと思います。

バイオリンは上手に弾ければとても艶やかで優雅な音色ですが、それは熟練者の場合。

音量調節ができ、機種によっては様々な音も奏でられるエレキバイオリンは、騒音が気になる住宅密集地や飽きやすい子供にも安心で、初心者にこそおすすめしたい楽器です。

ピアノを弾ける友達は多いかもしれませんが、バイオリンになると一気に人口が減りますので、他の楽器同様没頭して上達できるようであれば、ちょっとした週末ファミリーコンサートなんかも楽しそうですね。

参考価格:2~10万円程度


since2005Copyright © 子供にあげたいプレゼント